IT業界なら、一生食べていけます


IT業界は将来有望な業界です。

オンライン販売、電子出版、オンラインニュース、電話のIP化、Youtubeなどの動画配信、メールやチャット、ブログ・SNSなどのコミュニケーション・・・

この10年で生まれたITサービスを上げるときりがありません。

求人はまだまだ増えるので、IT未経験者でも採用される可能性は全然あります。

市場はリアルからバーチャルに大きくシフトしており、世界のマーケットも1つのネットの中に集約されづづけています。

市場規模が平行か、縮小をたどっている業界がほとんどの中、ITはこれからも確実に伸び続けます。

なぜならば、インターネットの世界は歴史が浅く、生まれてまだ15年しかたっていない有望な産業だからです。

にもかかわらず誤解が多い業界でもあります。

これはおそらく日本特有な理由です。
  • 3Kといわれる職場のうわさ
  • 収入が高くないといううわさ


これらの現状は時間あたりの価格で働く日本独特の労働集約的な環境に由来しています。

日本のIT業界は建設業にみられるような下請け体質であるため、このようないわば搾取構造ができあがってしまっているのです。

しかしながら、日本でもコンシューマー向けのITサービスが続々とリリースされている今、アメリカのように知識労働な環境にかわりはじめることは間違いないようです。

成功する会社が増えるとともにIT業界の悪しき労働環境が変わっていくことになると思います。

アメリカでは、1000万以上かせぐプログラマはざらにいます。 2011年現在では、標準大学卒でも5年程度のIT経験があれば年収1000万です。

なにより、うまれて間もないIT業界では、サービスを企画できる自由があることが、他の業界にはない特徴であり、醍醐味なのです。

IT業界は、スキルしだいで年収は変わります。 スキルを身につければつけるほど収入が上がる世界です。

【プロフィール】IT業界の採用マネージャー10年の私が見た転職対策をお伝えします



私は、3社ほどIT企業に従事し、そのうち2社は管理職だったため、派遣・契約社員・正社員の採用をのべ300人以上してきました。

大手SIerから、コンシューマ向けのITサービスを行っている会社まで、エンジニアからサービス運営まで主に管理職として、数多く採用してきました。

リクナビなどの転職斡旋会社とも10社以上、長い関係を持っていたので、IT業界の採用については、おそらく転職斡旋会社の人よりも生の感覚をもっています。

IT業界は3Kだか、7Kだとかいわれる一面があることは確かです。

しかし、その逆に悠々と働いているエンジニアもたくさんいることも確かなのです。



まず「未経験でIT業界に入る」、

そして「スキルを持った確実な職」を身につけて、

最後に「職業として明るい将来を切り開く」

ための方法をここでは紹介していきます。



私は、3社ほどIT企業に従事し、そのうち2社は管理職だったため、派遣・契約社員・正社員の採用をのべ100人以上してきました。

大手SIerから、コンシューマ向けのITサービスを行っている会社まで、エンジニアからサービス運営まで主に管理職として、数多く採用してきました。

リクナビなどの転職斡旋会社とも10社以上、長い関係を持っていたので、IT業界の採用については、おそらく転職斡旋会社の人よりも生の感覚をもっています。

IT業界は3Kだか、7Kだとかいわれる一面があることは確かです。

しかし、その逆に悠々と働いているエンジニアもたくさんいることも確かなのです。

まず「未経験でIT業界に入る」、

そして「スキルを持った確実な職」を身につけて、

最後に「職業として明るい将来を切り開く」

ための方法をここでは紹介していきます。



IT未経験からのIT業界に転職する方法なんてあるの?

一般的にIT未経験で正社員採用されるのは、一般的に30歳までと考えたほうがいいです。

30歳までに希望職種に絞った「スキル」を一つだけ身につけておけば、転職できる可能性が高いです。

逆に言えば、前職がIT業界でも「スキル」が全く無い場合は、未経験と同じなので、そのままでは転職は難しいものになります。

30歳以上で、未経験者の場合、社員採用は難しいのが現状ですが、これはあくまで一般論で、抜け道は存在します。

あなたはもし30歳未満で、IT未経験の場合は、まず1つでもいいので「スキル」の証明を身につけてください。

実践レベルの実力がなくてもかまいません。

履歴書に書けさえすれば、証明になるので十分です。

「スキル」を証明する目安は、

① 資格、スクールなどの実績

② 職務実績1年程度 です。

①の資格は、書籍やオンラインで学習して取得できるものがあれば取得してください。

スクールは一般的に費用がかかりますが、自己投資です。

しかし、費用のかからないスクールも存在します。

あなたが今、定職についていない、もしくは退職予定であるなら、労働庁が支援している無料の再就職のための基金訓練を私はおススメします。
  • スマートフォンを開発する講座
  • Webデザイン
  • プログラミング
などを3ヶ月~6ヶ月かけて実践形式で教えてくれる講座が、なんとタダで受けられます。
再就職支援金して補助されているので、タダで受けられるだけではなく、期間中は支援金をもらえてしまいます。

②の職務実績はプロジェクトマネージャーやWebディレクターなどの責任者でないかぎり、最低1年程度あれば経歴上はなんとかなります。

30歳までに①+②の両方あれば、IT業界での職探しは有利に働くでしょう。

難しい場合は①か②の片方のみゲットして、面接でその実力がある、または今はなくてもすぐに追いつけることを説得しましょう。

大切なのは自分から動くこと、そしてなんとかIT業界に入り込むこと。 それさえできれば、IT業界は人不足なのでなんとでもなりますよ。

IT未経験からの転職のメリット


長続きする業界といえば、IT業界と介護業界以外は、はっきりいってオワコンです。 あと20年でかなりの縮退される業界ばかりです。

業界が縮退すれば、待遇もどんどん悪くなります。

日本で拡大するもう一つの介護業界は、福祉業界なので、残念ながら、高待遇は望まれません。 福祉業界で高給取りは、世間から叩かれます。

その点IT業界は、高級取りだらけです。
単価がといわれる安い初級プログラマーでさえ、最低月額60万円です。

腕をあげれば、月100万以上のエンジニアなんてザラにいます。

60~70歳まで働くことを考えれば、IT業界は、IT未経験から30代・40代で入り込んでも、あと30~40年は働けます。

遅い異業種転職でも、人生を考えれば、十分にお釣りがきますよ。

関連記事



it未経験者の転職の関連記事

it未経験者の転職について紹介しています。
it未経験からweb系に入る方法
it未経験の20代が転職する方法
it未経験の30代が転職する方法


it未経験者の転職で成功する方法の関連記事

it未経験者の転職で成功する方法を紹介しています。
it未経験者の転職の失敗例~無理?受からない?
it未経験者の面接の質問と対策
it未経験の履歴書の書き方


it未経験者の転職で使えるおすすめの媒体の関連記事

it未経験者のおすすめ転職サイト
it未経験者のおすすめ派遣会社
it未経験者のおすすめ転職エージェント


it未経験者の職種・スキル・キャリアプランの関連記事

it未経験者の職種・スキル・キャリアプランを紹介しています。
it未経験からのキャリアプラン
it未経験からのスキル
it未経験からの職種